東京都練馬区 氷川台・桜台の家族で通える歯医者なら氷川台歯科クリニック

ご予約・お問い合わせはこちら 氷川台歯科クリニックの電話はこちら

インターネット予約はこちら

  • 受付時間
    9:30~13:00 / 14:00~19:00
  • 休診日
    水曜日・日曜日・祝日

ブログ

ブログBLOG

妊婦期におけるお口の管理について

2020年07月27日

今回は妊娠時のお口の管理についてお話ししていきます。

妊娠中は様々なトラブルに悩まされますが、中でも歯磨きができないなど生活に支障をきたすこともあります。そこで、妊娠中でも無理のないお口の管理をご紹介します。 

・妊娠中のお口のトラブル 

妊娠中は、ホルモンの変化によって口腔内細菌が増加し歯茎が腫れやすくなり、出血が多くなります。また、胃酸が逆流しやすい、つわりが原因で口の中の酸性度が上がるためネバネバする傾向にあります。
放置しておくと、妊娠性歯周炎や歯周病が進行することもあり早産や低体重のリスクが高まります。 

そのため、妊娠中のデンタルケアは重要ということが分かります。 

・デンタルケアの方法 

1、歯磨き粉をつけない 

歯磨き粉をつけることで、つわりを促進してしまう場合は歯ブラシのみで磨きましょう。正しい歯ブラシケアをしていれば歯磨き粉は必要ではありませんので安心してください。 

2、食後30分は避けて、体調が落ち着いてから磨く 

食後30分は、口の中が酸性に傾いているため歯磨きをすることには向いていません。無理にすぐに歯磨きをせず、体調の良いときに長め(5分以上)に丁寧に磨きましょう。
可能でしたら、歯磨きまでにブクブクうがいをして大まかに汚れを落としておきましょう。

3、清掃器具を見直す 

妊娠前の歯ブラシの大きさよりも毛先の部分(ヘッド)が小さいものを選択することで、異物感が抑えられます。子供用歯ブラシを使用するのもおすすめです。それでも困難な時は、デンタルフロスや歯間ブラシ、歯磨きシートやデンタルリンスを使用して乗り越えましょう。 

体調や時期を考えて歯医者を受診することもおすすめします。 

 

氷川台歯科クリニックでは、練馬区の無料妊婦歯科検診を受け付けています。お口の状態を拝見し、治療や清掃について提案をしております。まずは、お電話にて受診のご予約をお取りください。

当院が目指すのは、お子様から主婦の方、会社員の方からお年寄りの方まで、地域のみなさまに愛される歯科医院です。家族で通える「ファミリー歯科」として頼りにされる歯医者になっていきたいと思っています。虫歯・歯周病治療はもちろん、歯を失ってしまった方のための入れ歯・ブリッジ・インプラント治療、口元をきれいにしたい方のための審美歯科・ホワイトニング、歯並び・噛み合わせでお悩みの方のための矯正歯科など、幅広い診療科目に対応しています。そのなかでも、特に力を入れて取り組んでいるのが予防歯科。病気になってから当院に来るのではなく、定期的に当院に通ってメインテナンスを受けていただくことで、生涯にわたって健康な口腔内環境を保っていただきたいと思っています。

「歯が痛い・・・」という方はもちろん、「最近、歯医者さんに行っていないな・・・」という方、「もう虫歯や歯周病になりたくない・・・」という方も、どうぞお気軽にご来院ください。きれいな医院で笑顔のスタッフがお迎えします。

ご予約・お問い合わせはこちら
氷川台歯科クリニックの電話はこちら

インターネット予約はこちら

氷川台歯科クリニック

診療時間
9:30~13:00 - - -
14:00~19:00 - - -

休診日:水曜日・日曜日・祝日

pagetop