東京都練馬区 氷川台・桜台の家族で通える歯医者なら氷川台歯科クリニック

ご予約・お問い合わせはこちら 氷川台歯科クリニックの電話はこちら

インターネット予約はこちら

  • 受付時間
    9:30~13:00 / 14:00~19:00
  • 休診日
    水曜日・日曜日・祝日

ブログ

ブログBLOG

歯にひびが入る原因と危険性

2020年10月26日

歯の表面には硬いエナメル質があり、その下に象牙質というエナメル質より少し柔らかい組織が神経を覆うように存在しています。エナメル質は、傷に対しては強いのですが、反面もろいという弱点もあり、歯に小さなひびが入ることがあります。歯科医院で指摘されて初めて気付くことが多いと思います。

そこで今回は、「歯のひび」についてお話していきます。

 

【ひびの原因】

①歯ぎしりやくいしばり

就寝中など、無意識のうちに行ってしまう「歯ぎしり」や「食いしばり」も歯のひびの原因です。正常な状態であれば、上下の歯は食べ物を噛むときなど限定的な状態でしか噛み合いませんが、歯ぎしりや食いしばりの癖があると、常に上下の歯が噛み合い、力がかかっている状態が続くことになります。その結果、歯にひびが入ったり、元々小さかったひびを広げてしまったりする結果となるのです。

食いしばりをなくすには、意識して上下の歯と歯が接触しないように注意したり、ストレスを溜めずにリラックスするといったことが大切です。

②噛み合わせの問題

噛み合わせが悪いと咀嚼時に力の偏りが生じ、一つの歯に負担がかかることで、ひびが入る場合があります。この場合は歯科医師に相談して、噛み合わせを調整してもらうと良いでしょう

③過度な力がかかる

強い力で噛む癖のある人や(特に力仕事をしている方やスポーツ選手など)、固いものを好んで食べる人も注意が必要です。特に奥歯は、上下の歯の面が接触するため、噛む力が強すぎると歯に伝わる衝撃が大きくなり、ひびが入りやすい傾向があります。

④外的要因

転倒して歯を強く打ったり、交通事故に遭うなど偶発的な外傷で歯に強い衝撃が加わった結果、歯にひびが入ってしまうことがあります。

⑤神経を抜いたこと

健康な歯は、中心に歯髄という神経が通っており、そこから水や栄養分の供給を受けています。虫歯治療などのために神経を取った歯は、いわば枯れ木のような状態。自然な歯に比べて非常にもろいので、硬い物を噛んだり、小さな衝撃を受けたりしただけで、ひびや割れにつながることが珍しくありません。

 

歯のひびは予防することが難しく、一度ひびが入ってしまうと自然に治ることはありません。歯にひびが入る原因は様々ですので、完全に防ぐことは難しいものです。

ごく浅いひびであれば、痛みなどの自覚症状は殆どありません。しかし中にはひびが原因で、知覚過敏のような症状が出たり、歯の根元にできたひびが原因で虫歯になってしまう事もあります。ひびの程度や歯の状態を見て経過を観察するか、処置を行うか選択肢が変わります。

歯に痛みや違和感がある時は、少しでも早く歯科を受診することが大切です。定期的な検診もしていきましょう。

 

当院が目指すのは、お子様から主婦の方、会社員の方からお年寄りの方まで、地域のみなさまに愛される歯科医院です。家族で通える「ファミリー歯科」として頼りにされる歯医者になっていきたいと思っています。虫歯・歯周病治療はもちろん、歯を失ってしまった方のための入れ歯・ブリッジ・インプラント治療、口元をきれいにしたい方のための審美歯科・ホワイトニング、歯並び・噛み合わせでお悩みの方のための矯正歯科など、幅広い診療科目に対応しています。そのなかでも、特に力を入れて取り組んでいるのが予防歯科。病気になってから当院に来るのではなく、定期的に当院に通ってメインテナンスを受けていただくことで、生涯にわたって健康な口腔内環境を保っていただきたいと思っています。

「歯が痛い・・・」という方はもちろん、「最近、歯医者さんに行っていないな・・・」という方、「もう虫歯や歯周病になりたくない・・・」という方も、どうぞお気軽にご来院ください。きれいな医院で笑顔のスタッフがお迎えします。

ご予約・お問い合わせはこちら
氷川台歯科クリニックの電話はこちら

インターネット予約はこちら

氷川台歯科クリニック

診療時間
9:30~13:00 - - -
14:00~19:00 - - -

休診日:水曜日・日曜日・祝日
※土曜日の診療時間は9:00~13:00 14:00~17:00までとなります。

pagetop