東京都練馬区 氷川台・桜台の家族で通える歯医者なら氷川台歯科クリニック

ご予約・お問い合わせはこちら 氷川台歯科クリニックの電話はこちら

インターネット予約はこちら

  • 受付時間
    9:30~13:00 / 14:00~19:00
  • 休診日
    水曜日・日曜日・祝日

ブログ

ブログBLOG

虫歯になりやすい飲み物とは

2021年07月19日

虫歯にならないためにどのようなことに注意を払っていますか? 甘い食べ物を食べると虫歯になってしまうからなるべく控えているんだという方が多いのではないでしょうか。さらに虫歯予防を徹底するには飲み物にも気をつけなければいけません。今回は虫歯になりやすい飲み物についてご紹介します。

まず初めに虫歯は細菌の感染によって発生します。この細菌をミュータンス菌と言います。ミュータンス菌は甘い食べ物や飲み物に含まれる糖分を餌にして増殖し、歯垢(プラーク)として歯に付着します。歯垢の中でミュータンス菌は砂糖を分解して「酸」を作ります。この酸の仕業で歯のカルシウムが溶かされて虫歯になってしまうのです。

歯は、目に見える白い部分を「歯冠」と言いその最も外側をエナメル質と呼びますが、ヒトの体の中で最も硬い組織なのです。ですが、生きた細胞を持たないためダメージを受けると二度と元には戻りません。では、エナメル質を酸から守って維持していくために控えるべき飲み物はどのようなものでしょうか。

エナメル質を溶かしてしまう目安がpH 5.5と言われています。pHとは、酸性・中性・アルカリ性の数値を表す単位です。中性がpH 7でこれより数字が大きいとアルカリ性、小さいと酸性となります。このpH数が低い飲み物を常飲していると虫歯になりやすいということになりますね。

例えば、純水はpH 7。牛乳はpH 6.8ミネラルウォーター、水道水、緑茶や烏龍茶はpH 6です。健康に良いイメージがある果汁ジュースや、スポーツのときには欠かせないスポーツドリンクなどはそれぞれpH 4、pH3.5とエナメル質を溶かしやすい飲み物なのです。さらに、コーラなどの炭酸飲料はpH 2.2とpH数がかなり低いのです。

食べ物に比べて、意識が向きにくい飲料類ですが、pH数を気にして選んでいただくと虫歯リスクを回避できると思います。

とは言っても完全回避は難しいですよね。飲んだ場合は‥

  • すぐうがいをする
  • 飲んでから30分ほど空けて歯磨きをする(酸で歯の表面が柔らかいときに歯を磨くと表面がダメージをうけるため)

 

暑くなってきて喉が乾きやすい季節です。今年は歯のために飲み物にも気をつけて暑い季節を過ごしてみてくださいね

当院が目指すのは、お子様から主婦の方、会社員の方からお年寄りの方まで、地域のみなさまに愛される歯科医院です。家族で通える「ファミリー歯科」として頼りにされる歯医者になっていきたいと思っています。虫歯・歯周病治療はもちろん、歯を失ってしまった方のための入れ歯・ブリッジ・インプラント治療、口元をきれいにしたい方のための審美歯科・ホワイトニング、歯並び・噛み合わせでお悩みの方のための矯正歯科など、幅広い診療科目に対応しています。そのなかでも、特に力を入れて取り組んでいるのが予防歯科。病気になってから当院に来るのではなく、定期的に当院に通ってメインテナンスを受けていただくことで、生涯にわたって健康な口腔内環境を保っていただきたいと思っています。

「歯が痛い・・・」という方はもちろん、「最近、歯医者さんに行っていないな・・・」という方、「もう虫歯や歯周病になりたくない・・・」という方も、どうぞお気軽にご来院ください。きれいな医院で笑顔のスタッフがお迎えします。

ご予約・お問い合わせはこちら
氷川台歯科クリニックの電話はこちら

インターネット予約はこちら

氷川台歯科クリニック

診療時間
9:30~13:00 - - -
14:00~19:00 - - -

休診日:水曜日・日曜日・祝日
※土曜日の診療時間は9:00~13:00 14:00~17:00までとなります。

pagetop