東京都練馬区 氷川台・桜台の家族で通える歯医者なら氷川台歯科クリニック

ご予約・お問い合わせはこちら 氷川台歯科クリニックの電話はこちら

インターネット予約はこちら

  • 受付時間
    9:30~13:00 / 14:00~19:00
  • 休診日
    水曜日・日曜日・祝日

ブログ

ブログBLOG

セラミック・レジンの材質と値段の違い②

2021年08月30日

前回の続きで、今回はレジンについてお話ししていきます。

【レジンについて】

○レジンの素材

レジンは歯科用のプラスチックのことです。

○レジンでの治療法

レジンの治療法には、いろいろな種類があるので詳しくご紹介していきます。

 

  • CR(コンポジットレジン)充填

比較的小さな虫歯などに使われる治療法です。コンポジットレジンは強度が弱い素材で、大きな範囲に使用すると欠けたり割れたりしやすく、適用できないことがあります。

治療法は、虫歯を削った後に、「プライマー」、「ボンディング」という歯とレジンをつきやすくする液体を、まず歯に塗ります。その後、コンポジットレジンという柔らかいプラスチック素材を流し込んで、光を当て照射し硬化させます。その後、かみ合わせを確認し、高ければ削って、表面をなめらかに磨いて完成です。 一度の治療で簡単に施術が終わるため、患者様の負担が少ないのが特徴です。

・レジンのメリット

レジンは健康保険が適応されるので、費用が安いのがメリットです。

また、特にコンポジットレジン充填は歯をあまり削らずにできるので、健康な歯を残しやすく治療が短期間で簡単に終わる点もメリットと言えるでしょう。

オールセラミックや他の素材よりも柔らかいため欠けたりしますが、噛み合わせの歯を傷付ける心配がない点はメリットです。

・レジンのデメリット

レジンは吸水性があるため、長期間使っていると変色したり、擦り減ってきたりしやすいのがデメリットです。

また、セラミックのような美しい歯の色を再現することはできません。

 

  • 硬質レジンジャケットクラウン(冠)

レジンでできている被せもの(クラウン)です。

前歯に保険適用できますが、耐久性がないため使っている歯科医院は少ないです。

 

  • 硬質レジン前装クラウン(冠)

外側はレジン、内側は金銀パラジウム合金で作られている被せもの(クラウン)です。

前歯に保険適用でき、内側に金属を使っているため耐久性があります。

そのため、保険の範囲内で前歯の白い被せものを希望される場合によく使われます。

 

あともう一つレジンの治療がありますが、次回までお待ちください!

 

当院が目指すのは、お子様から主婦の方、会社員の方からお年寄りの方まで、地域のみなさまに愛される歯科医院です。家族で通える「ファミリー歯科」として頼りにされる歯医者になっていきたいと思っています。虫歯・歯周病治療はもちろん、歯を失ってしまった方のための入れ歯・ブリッジ・インプラント治療、口元をきれいにしたい方のための審美歯科・ホワイトニング、歯並び・噛み合わせでお悩みの方のための矯正歯科など、幅広い診療科目に対応しています。そのなかでも、特に力を入れて取り組んでいるのが予防歯科。病気になってから当院に来るのではなく、定期的に当院に通ってメインテナンスを受けていただくことで、生涯にわたって健康な口腔内環境を保っていただきたいと思っています。

「歯が痛い・・・」という方はもちろん、「最近、歯医者さんに行っていないな・・・」という方、「もう虫歯や歯周病になりたくない・・・」という方も、どうぞお気軽にご来院ください。きれいな医院で笑顔のスタッフがお迎えします。

ご予約・お問い合わせはこちら
氷川台歯科クリニックの電話はこちら

インターネット予約はこちら

氷川台歯科クリニック

診療時間
9:30~13:00 - - -
14:00~19:00 - - -

休診日:水曜日・日曜日・祝日
※土曜日の診療時間は9:00~13:00 14:00~17:00までとなります。

pagetop